店舗内装で什器を目立たせたいならLEDテープライトがおすすめ

什器棚照明

モノを販売する店舗では、什器や棚を活用してディスプレイを考えます。これから店舗の内装を作るという方は、できるだけ商品を目立たせる設計にしたいですよね。

そんな時におすすめなのが、商品をライトアップするテープライトです。光があると商品を注目されやすくなり、特別感も演出することができます。

今回は店舗内装に必要な照明や、おすすめのテープライトを紹介していきます。店舗内装を進めている方は、参考にしてみてください。

店舗に間接照明のテープライトを導入するメリット

まずはテープライトを導入するメリットをご紹介します。

商品を目立たせる効果

テープライトを設置すれば、商品に光が当たり、目立つようになります。人は光に反応する習性があるので、おすすめの商品をライトアップしておけば、自然と人が寄ってくるでしょう。

また光が当たっていない商品は魅力が半減します。特に高級品などは光を当てて、値段と見た目が釣り合うようにしなければなりません。

店内が柔らかい光で包まれ落ち着いた空間になる

テープライトの光は、商品を目立たせるだけでなく、店舗全体を優しい光で包み込みます。カフェやレストランなどでも、間接照明がある場所は落ち着いた雰囲気がありますよね。同じように店舗内装も照明を利用して、お客様が落ち着ける環境を作りましょう。

狭い場所にも設置しやすい

什器は狭い場所に設置することも多く、照明が入りづらいことも考えられます。しかしテープライトは、細い隙間でも簡単に設置でき、什器の長さに合わせてカットすることもできます。

また両面テープ方式なので、工事費用や設置費用も安いので、手軽く簡単に導入でいるのはメリットです。

カラー演出も可能

テープライトにはカラー演出が組み込まれている商品もあります。リモコンひとつで、テープライトの色を変えることができ、昼と夜で演出を変えることも可能です。

間接照明の上手な活用方法!実例を挙げて紹介

それではテープライトの活用方法の実例を挙げて紹介していきます。

商品のショーケースを明るくして目立たせる

防水テープライト

富士メディシィエ「テープライト」

こちらはクレープ屋さんのショーケースを、テープライトで明るくした事例です。商品が目立つだけでなく、店内全体も明るくなっています。照明がないと営業しているのかも分かりませんよね。

営業していることを知らせる意味でも、照明の設置は必要だと思います。

お客様の手元が明るくなるように工夫

富士メディシィエ「テープライト」

こちらは温泉施設の洗面所の鏡の裏に、テープライトを設置した事例です。店舗ではありませんが、商品を販売する店舗の参考になります。ドライヤーやスキンケア商品が照らされていると、お客様が手に取りやすいですよね。同じようにレイアウトをすれば、商品を手に取ってもらいやすくなります。

店舗のコンセプトによってテープライトを使いこなそう

テープライトなどの間接照明は、店舗の販売戦略に欠かせません。特にテープライトは、店舗が出来上がった後でも導入しやすいのがメリット。設計のコンセプトに合わせて、カスタマイズすることも可能です。

すでに店舗設計が決まっている方や、既存店舗をリニューアルしたい方には、テープライトが最適といえます。設置費用もかからず、コストパフォーマンスも非常に良いです。

また富士メディシィエのテープライトは防水機能があります。什器の近くに水場があったり、滝などの演出がある場所でも活用できるでしょう。もちろん屋外での利用にも適しているので、イベント時にも活躍してくれるはずです。

それでは今回の記事を参考に、店舗内装の計画を立ててください。