ポリウレタン製とシリコン製のテープライト違いとは?

シリコン

シリコンは耐熱・耐水・耐薬品性に優れるが、非粘着性の原因で柔軟性が弱く、ひび割れなど出やすいです。

ポリウレタン

ポリウレタンは抗張力や耐摩耗性、耐油性に優れるが、耐熱性や耐水性は他の合成ゴムに比べ低いです。

シリコン製テープライト

シリコン製テープライトは引張り強度が弱く、壊れやすいです。また、粘着性(分子間の結合力)が弱いので、ひび割れが発生しやすいです。たとえば、針を使用してシリコンゴムテープライトに刺して、シリコンゴムテープライトを曲げると、小さな穴から割れてしまいます。

シリコンテープライト
LED基盤がシリコンで完全に覆われていたとしても、熱膨張によってシリコンの劣化が進んで、LED基盤とシリコンの間に隙間が発生し、水の侵入が発生しやすくなります。
また、シリコン製テープライトの非粘着性によって、粘着剤と結合するのは難しいです。テープライトの端は粘着剤で密閉され、防水されていますので、一時密着しても簡単に分離されます。そして、シリコン製テープライトはIP68な製品にも完全水没におすすめしません。IP67として屋外、室内で設置することをお勧めです。

ポリウレタン製テープライト

ポリウレタン製テープライトは引張り強度が強く、壊れにくいです。また、粘着性(分子間の結合力)が高いので、ひび割れが発生しにくいです。たとえば、針を使用してポリウレタン製テープライトに刺して、ポリウレタン製テープライトを曲げると、割れなど発生しません。

PUテープライト
ポリウレタン製テープライトIP68なら完全水没可能です。水中で設置することをお勧めです。

富士メディシィエのテープライトはポリウレタン製

puとシリコン素材の比較
富士メディシィエはポリウレタンの強みを活用して、熱と紫外線の耐性を増強して、独自な技術で製品を開発しました。
水中PUテープライトは温泉成分に含まれる「硫黄」や「アルカリ性」などと反応しにくく、
透明度がよく、変色やひび割れが起こりにくいので、温泉施設などで重宝されています。

でも、熱の影響を受けやすいので、高温になる場所には適しません。そこで、富士メディシィエの水中高温テープライトをお勧めです。

室温100℃まで使用可能なので、温泉はもちろん、サウナでも設置できます。
富士メディシィエの商品は、設置場所に合わせて、室内、屋外、水中を分けて、各場所に適した商品を販売しています。