ホテルの露天風呂温泉

水中テープライト拡散タイプ3000Kを導入しました。

施工主様にお話しを伺いました!

  温泉内にある段差を照明で照らし、躓きを防止したいというご相談を受けました。

今回の施工先のオーナー様から、露天風呂のお湯の色が透明ではなく色が付いているため湯舟の中にある段差が見えにくく、特に夜はお客様が躓いてしまう恐れがあるためなんとかできないかというご相談がありました。そのため、温泉の湯船の中で使用できる照明器具を探していました。

  富士メディシィエの水中テープライトが、温泉での使用が可能です。

お客様からご相談を受けてから、かなりの期間インターネットで検索をしあらゆる照明メーカーに問合せもして研究しましたが、温泉で使用できて躓き防止の用途にも合う製品がなかなか見つかりませんでした。そんな中で富士メディシィエのホームページにもたどり着き「水中PUテープライト」という製品を見て、これならいびつな形の湯舟も光で縁取ることで躓き防止の用途として使用できるのではないかと思い、温泉水でも使用できるか知りたくて問い合わせをしました。
温泉水で使用可能ということが分かったのですが、温泉内で使用したときの光を確認したかったためサンプルを申し込んだところ、快く応じて頂きました。さっそく温泉でテストをしたところ24Vでパワーがあり、明るさも当方のリクエストを満たしていました。

  ①水質や水温に合う製品②2年保証③製品の見栄え   この3点が購入の決め手となりました。

真水で使用できるLEDテープは結構ありましたが、温泉水で水温が43℃でも使用できるLEDテープライトはあまりなく、その上2年保証つきで製品の品質や見栄えも満足のいくものであったため、購入決定となりました。言うまでもなく価格面でも満足しています。
  「雰囲気が良くてきれいですね」と喜んでいただけました。。

最初のご要望どおり、躓き防止用途として露天風呂の中の段差を照らすように、湯船の中に照明を設置できたのが非常に良く、利用者の方から「雰囲気が良くてきれいですね」と好評でオーナー様にも喜んでいただけました。
  電源関係の処理を慎重に行いました。

人が入る温泉内での使用だったため、電源関係の処理は慎重に行いました。漏電しないように絶縁トランスを使用するなど、漏電には特に気を配って施工を行いました。

富士メディシィエからのコメント

今回インタビューにご協力頂いた総合企画 未来工房様は、長崎県を主軸としてLED化工事や電子機器の組み立て、PCシステムの導入等の事業を行っていらっしゃる企業様です。
また業界問わず様々なお客様のニーズやお悩みを解決してくれるため、お客様からの信頼も厚いです。
ご担当者の千住様はご多忙の中インタビューへのご協力やお写真の提供も快く引き受けてくださいました。千住様、お忙しい中ご協力頂き誠にありがとうございました!
長崎県の案件でLED化やPCシステムの導入に関してお悩みの方は、まずは未来工房様へご相談ください。

【お客様企業情報】

購入会社 :総合企画 未来工房様
施工会社 :JR九州ハウステンボスホテル株式会社様
設置時期 :2017年冬
導入器具 :FCFD-W3014-WW×2本
設置場所 :温泉大浴場の男女露天風呂 湯船の中

【導入器具詳細】

型番:FCFD-W3014-WW(水中用特注品)
種類:拡散タイプ
配光角(光の角度):120度
色温度(光の色):2700K(電球色)
本数:本体5m(片側ケーブル3m出し)×1本
本体4m(片側ケーブル3m出し)×1本
[オプション]クリップ×30個