カフェの水路のライン照明

施工主様にお話しを伺いました

  今回水中テープライトを導入することになった経緯を教えてください。


新装オープンするカフェの客席下水路への、照明導入依頼があったからです。
スキー場カフェを夏場から秋にかけても営業するために改装工事を行うことになり、客席の足元に全長20mくらいの楕円形の水路を作ることになりました。
設計事務所から「水深が8cmと浅いので、ライン状で光るものがいい」という要望があったため、楕円形の水路のフチに沿って設置できるような水中仕様のライン状照明を探していました。

  照明器具を扱っているメーカーが他にもある中で、富士メディシィエにお問合せ頂いたのはなぜでしょうか?

価格と納期を知りたかったからです水中での使用ができ、且つ楕円形に沿って曲げることができる製品を探していたところ、
富士メディシィエのホームページにたどり着き、水中テープライトを見て「これだ!」と思ったので、価格と納期が知りたくて問い合わせをしました。

  実際に富士メディシィエからの購入を決めて頂いた「決め手」はどういった点でしたか?

「水中対応」「曲がるライン状の照明」という条件に当てはまっていたからです
既に改修工事が始まっている段階で照明器具を探し出したため、とにかくゆっくり選んでいる時間がない状況でした。
そのため富士メディシィエのLED水中テープライトが「水中対応」「曲がるライン状の照明」という部分が、探していた製品の条件に当てはまっていたので購入を決めました。

  実際に施工されたあとのお客様の反応はいかがでしたか?

想像より光り方が均一で、非常に綺麗で満足して頂けました
予想ではもっとライン状でも均一感がなく、LEDチップの粒々が目立つようなイメージだったのですが、想像よりずっと均一で粒々感もなく、非常に光り方が綺麗でよかったです!
客先、設計事務所、意匠も満足でした。

  施工する上で工夫したポイントは何ですか?

ステンレスの棒を活用して施工をしました。
水路の底の壁側に隙間をあけ、そこにテープライトを設置しました。その際ステンレスの棒にテープライトを貼って取付を行いました。楕円形のカーブの部分は、棒自体をカーブに合わせて曲げました。
このように施工することでテープライトが壁の中に埋まっているように見せることができ、より水路の壁から自然に光を放っているような演出ができるように工夫しました。
また配線も配管に入れることでより安全性も意識して施工をしました。

富士メディシィエからのコメント

今回インタビューにご協力頂いた株式会社アールテック様は、滋賀、福井、三重県等の近畿地方全般を主軸に、商業施設や工場、住宅等の建築電気工事業をメインに行われている企業様です。
今回のような水路に水中テープライトを設置するという特殊な工事の依頼に対しても、お客様の要望を満たすご提案や施工を行ってくださる企業様でもあります。
加藤様はご多忙の中インタビューへのご協力やお写真の提供も快く引き受けてくださり、施工方法に関しても丁寧にお教えいただくことができました。 加藤様、お忙しい中ご協力頂き誠にありがとうございました!
近畿地方で住宅や工場、商業施設への照明導入を検討されている方で電気工事会社をお探しの方は、株式会社アールテック様へご相談することをおすすめします。

【お客様企業情報】

購入会社 :株式会社アールテック様
導入場所 滋賀県 箱館山スキー場
 パフェ専門店「LAMP」
設置時期 :2018年6月
導入器具 :水中テープライト
導入現場HP https://lampcafe.jp/#lamp

【導入器具詳細】

■LED水中テープライト
型番:FCFD-W3014-WW(水中用特注品)
種類:拡散タイプ
配光角(光の角度):120度
色温度(光の色):2700K(電球色)
本数:本体3.2m(片側ケーブル3m出し)×2本
本体2.3m(片側ケーブル3m出し)×2本